家族葬のセットプラン

subpage01

家族葬は、残された家族数人が執り行う非常に小規模な葬儀のイメージがありますが、葬儀業界では50人を超える葬儀も同様に読んでいます。



背景には、この葬儀スタイルが葬儀の主流となる一方でこの葬儀スタイルの定義が確立されていない為、葬儀規模を少しでも大きくしたい葬儀業者や他の葬儀業者にシェアを奪われたくない葬儀業者が家族葬の名を冠したセットプランをメインに打ち出す事で現状のシェアや客層を維持し、更なるシェアと新しい客層を取り込もうとしている事があります。

現在では、インターネット上に葬儀に関する情報が溢れていますが、弔事の事前準備は不吉とする考え方が根強く健康な時から相場やマナーの情報収集をしている人達はそれほど多くない現状があります。

Yahoo!ニュース情報収集ができます。

その為、家族葬のセットプランイコール安価な葬儀と考えている遺族は、予想外の弔問客や参列者の為の香典返しや返礼品などの必要や火葬場の予約が取れなかった時のドライアイス、搬送距離の上限などで高額な追加料金で足元をすくわれる事があります。
情報収集している遺族は、事前に様々な葬儀業者のセットプランの内容の違いを見抜いているので自分達は何が追加料金になるか理解しており、依頼時に追加料金に関してしっかりとした説明を求めるので暴利を貪られ損するリスクが少ないとされています。
葬儀業界では、葬儀の規模が小さくなっているので1葬儀に関わる人員を削減し利潤を確保につとめていますが、充分とは言えない為に追加料金が割高に設定している業者もいます。



マナーのコツ

subpage02

日本の葬儀は、長く続く経済不況の影響により葬儀費用総額が年々下落し、現在では200万円を大きく下回る水準まで下落しています。背景には、参列者200人を超える大きな葬儀が葬儀全体の1%程度と非常に少なくなった上、50人程度の一般的な葬儀よりも10人前後で執り行われる家族葬の様な簡素かつ小規模な葬儀が数多く行われている現実があります。...

NEXT

マナーの情報まとめ

subpage03

日本は、2060年頃まで現在の年間死者数130万人を超えるとされ、2060年には女性の平均寿命が90歳を超えるとされています。今後、75歳の子供が90歳の母親の葬儀を執り行う事も珍しく無く、50歳前後の孫が90歳の祖母の葬儀を執り行う事が当たり前の時代が来ると推測されています。...

NEXT

知識を増やす

subpage04

家族葬は、故人の家族や少数の身内だけで、通夜や葬儀を執り行うことです。本来は家族だけで行う式ですので、他の方には亡くなったことは伝えずに、家族葬を行った後に、近隣の方やお付き合いがあった方に伝えればいいのですが、会社や学校の休みを取る必要がありますので難しいでしょう。...

NEXT

マナーのテクニック

subpage04

昨今では、地域によっては7割もの方が選ばれるという「家族葬」というものについて、ご存知でしょうか?これは、簡単に言うと、「家族など、ごく親しい者だけで執り行う葬儀」のことです。「家族葬」という名称が示す通りに、家族だけが参加する葬儀もあれば、故人の親友など、家族以外の者が参加する葬儀もあります。...

NEXT