家族葬のメリットと親類縁者のマナー

subpage01

日本の葬儀は、長く続く経済不況の影響により葬儀費用総額が年々下落し、現在では200万円を大きく下回る水準まで下落しています。

背景には、参列者200人を超える大きな葬儀が葬儀全体の1%程度と非常に少なくなった上、50人程度の一般的な葬儀よりも10人前後で執り行われる家族葬の様な簡素かつ小規模な葬儀が数多く行われている現実があります。



家族葬は、残された家族だけで通夜や葬式を執り行うケースも少なく無く、弔問客や参列者が極限られている事で香典返しや返礼品などの必要が無くなり葬儀費用の総額を大きく引き下げています。又、弔問客や参列者が気心の知れた親類縁者だけなので、弔問客や参列者に対して無駄な見栄をはる必要が無く、必要最低限の祭壇や棺、供花などを使用する為葬儀費用の総額が更に引き下げられ、一般的な葬儀に比べて経済的負担が非常に少ない葬儀として急増しています。

独自のシステムで日本経済新聞が広く知れ渡ってきました。

家族葬は、比較的新しい葬儀様式なので世間一般にこの葬儀のマナーが認識されておらず、葬儀後に人間関係に悪影響を及ぼすリスクが依然と高いとされています。
その為、参列をお断りする親類縁者に対しては、葬儀に先立ち訃報を伝える時に故人の希望で家族葬を行う主旨を伝え理解して貰う必要があります。
その際には、葬儀業者が準備している連絡用の文書を利用すると非常に便利です。



逆に参列出来ない親類縁者は、香典や弔電、供花など以後の返礼の必要な行為は慎む必要があります。