家族葬とはどういうものか、ご存知ですか?

subpage01

昨今では、地域によっては7割もの方が選ばれるという「家族葬」というものについて、ご存知でしょうか?これは、簡単に言うと、「家族など、ごく親しい者だけで執り行う葬儀」のことです。



「家族葬」という名称が示す通りに、家族だけが参加する葬儀もあれば、故人の親友など、家族以外の者が参加する葬儀もあります。
また、一口に「家族葬」と言っても、その形式は、実は様々です。

従来の葬儀と同じように、一日目に通夜を行い、二日目に告別式と出棺までを行う形式のものもあれば、通夜を廃して一日で出棺までを行う形式のものもあります。

ごくシンプルに、故人とのお別れと火葬だけを済ませる形式の葬儀もあります。


どの形式にせよ、家族葬は、儀礼的な参列者を廃して事務作業などが軽減される分、故人とのお別れに集中することができ、本当に親しかった者だけで、ゆっくりと故人とお別れすることができるという特徴があります。


また、比較的小さな規模の葬儀になるため、費用が抑えられるというメリットもあります。


親しい者だけで執り行うため、「故人の好きだった音楽をかけたい」や「生前に故人が用意したDVDを流したい」など、アレンジの設定がしやすいという特徴もあります。

T-SITE情報を選びました。

「自分達らしい葬儀で見送ってあげたい」や「長期の介護にお金がかかったから、葬儀は費用を抑えたい」など、様々な理由で家族葬が選ばれています。



中には、「大規模な葬儀で残された家族に負担をかけるよりも、小さな葬儀で見送ってほしい」と生前に予約される方もいらっしゃいます。