家族葬のメリットと日本の今後

subpage01

日本は、2060年頃まで現在の年間死者数130万人を超えるとされ、2060年には女性の平均寿命が90歳を超えるとされています。

今後、75歳の子供が90歳の母親の葬儀を執り行う事も珍しく無く、50歳前後の孫が90歳の祖母の葬儀を執り行う事が当たり前の時代が来ると推測されています。



その為、現在では8割を超える高齢者が子世代や孫世代の負担にならない小規模かつ簡素な葬儀を希望しており、一般的な葬儀よりも家族葬などの小規模かつ簡素な葬儀が数多く行われ、葬儀業者も葬儀施設を小規模な葬祭施設にシフトしています。家族葬は、一般的な葬儀と同様に医療機関から故人の遺体を引き取り通夜、葬式、火葬と行いますが、弔問客や参列者が非常に少ない特徴があります。

暮らしを豊かにしてくれるnanapiに関する詳細です。

家族葬は、弔問客や参列者が非常に少ない事で香典返しや振る舞い膳などが不要になる為、葬儀費用が非常に低額に抑える事が出来るメリットがあり、経済不況が長引くに日本に最も適した葬儀スタイルと言えます。



背景には、宗教的な儀礼や葬送方法に無頓着な無宗教民族の思考が日本人の根底にある事が大きな要因とされ、現在では通夜や葬儀を行わない直葬や火葬後の故人の遺骨の処分を火葬場に丸投げするゼロ葬、火葬後の遺骨を粉骨して海に散布する海洋葬など様々な葬送方法が増加しています。

家族葬は、直葬やゼロ葬などに比べて従来の葬儀の手順に従っており故人への義理や孝心を果たしていると言え、一般的な葬儀よりも故人との時間を大切に出来る葬儀本来の意義が果たせる葬儀スタイルと言えます。